みんなの恋愛体験

アクセスカウンタ

zoom RSS パトロン募集

<<   作成日時 : 2019/02/25 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

おすすめサイトBEST5
僕と彼女の出会いのきっかけは、出会い系サイトだった。
当時の僕は援助交際相手を漁っていたゲス男であり、彼女もまたパトロン募集をして小遣いを稼いでいたゲス女だった。
僕はそうそう深く考えずに、遊び相手として彼女のパトロン募集に乗っかった。
そして、初めて会った日に、ゲス同士で金銭の絡んだゲスいセックスをした。
ただし、そんなに強烈な印象もなく、変なビラビラもなくてきれいなまんこだなと思ったくらいで、僕の中では数多くいた援助交際相手の一人にしか過ぎなかった。
パトロンと言うことで長期的視野を彼女は望んでいたようだが、僕は一回だけで満了させた。はっきり言ってしまえば、再び会いたいと思える女性でもなかったからだ。
そんな彼女と再会したのは3年後だった。
その頃には、さすがに僕も落ち着いてきて、パトロンはもちろん、援助交際からも足を洗っていた。
そして、高校時代の同級生が次々と結婚していく状況も後押しして、僕には家庭を持ちたい願望が頭を擡げてきた。
ただし、出会いはなかった。これまでパトロンを務めた女の子のうちの誰かと、とも考えたが、しっくりくる子はいなかった。やはり、男に金を貢いでもらって体を売るような女性を、僕は楽しませてもらいながらも、どこかで軽蔑をしていたのだろう。
僕は、婚活サイトに入会した。そこで、今度はまっとうな出会いをしようと思ったのだ。
そのサイトで、僕は彼女と再会したのだ。たまたま、マッチングで紹介された女性が彼女だったのだ。
彼女もまた、パトロンから貢がせたお金で生活を安定させた後で援助交際は卒業して、そのサイトでまっとうな出会いを求めていたのだ。
お互いに、過去にどういうことをやっていたか知っているうえに、かつてはお互いの秘部さえ舐めあった仲である。
その後、僕たちは付き合い始めた。遊び相手としてはイマイチだった彼女だが、恋人としては最高だった。
いきなりセックスと言う飛びぬけた間柄から始まった僕たちは、今度は手をつなぐところから始める地に足をつけた淡い交際から関係を再構築し始めている。
即ハボ
オフパコとは

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
パトロン募集 みんなの恋愛体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる