スペンス乳腺

おすすめサイトBEST5
 バツイチ子供無しの私が、ネットで知り合ったのがセックスのとっても上手な男の人でした。
それまで深い快楽を味わったことがない私は、知り合ったセフレとのセックスで、メチャクチャと言える気持ち良さを味わえるようになりました。
なぜかと言えば、セフレにスペンス乳腺を開発されたからなんです。
私も全く知らなかったスペンス乳腺ですが、そのおかげで今では信じられないぐらい敏感に、肉体が反応してしまうんです。

 バツイチで一人暮らしをするようになった寂しさがあり、やっぱり誰かに甘えたい気持ちが強くあって、出会い系でセフレを探してしまいました。
誰でも良いっていう気持ちはありませんでしたから、じっくり相手選びをしてみました。
その結果、私よりも五つ年上、30歳の柏木さんと仲良くなりました。

 今まで、あまりセックスで感じた経験がない話をしてみたんです。
「なら、スペンス乳腺の刺激を続けると、変わる可能性があるね」
柏木さんが言い出したのです。
最初、言葉の意味が全く分りませんでした。
「オッパイのつけ根の部分、脇に近いところ。ここにスペンス乳腺があるんだよね。ここをうまく刺激していけば、もしかしたら、激しく感じるようになる可能性もあるんだぞ」
半信半疑ではあったけれど、柏木さんの言う部分を、刺激してもらうことにしました。

 初回は、彼氏でもない人とホテルに入ることに対して、ちょっとした抵抗感みたいなものもありましたし、恥ずかしさもありました。
でも、ストレスもたまっていましたし、バツイチになってからはエッチもしていない。
体を触られていくだけで、とってもエッチな気分を味わうようになりました。
絶頂とまではいかないのですが、初対面の人と初エッチというスパイスもあったのでしょう。
それにスペンス乳腺を刺激してくれるという期待感もあり、その日はいつもよりも気持ちよくなれた気がしました。
「続ければ、何とかなりそうだよ」
柏木さんに言ってもらって、関係を継続する気持ちにも慣れました。

 週に1回~2回、ホテルで男女の営みを楽しむようになり、1カ月が経過したころのことです。
私の肉体に変化が表れていました。
ちょっとした愛撫で、ものすごく体が反応しているのを感じて驚きました。
「以前とは、感度が全然変わってきているじゃないか」
「うん、自分でもビックリ…」
その日、柏木さんにいっぱい体を触られ、舐められ、いろいろな部分が反応してしまったのです。
そして挿入され中イキまで・・・。

 セフレとのセックスが止められない。
今こんな気持ちです。
だって、今まで覚えたことがない、強烈なアクメを感じられるようになったからです。
Bスポットを開発されたからに、違いありません。
柏木さんと関係を続けていけば、私の知らない未知の悦楽が待っているような、そんな気がしてならないのです。
乳首イキ
スペンス乳腺

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0