オナニー鑑賞

おすすめサイトBEST5
「オナニー?ひとりでやるのはやだなあ」と、モニターの向こうでチャットガールのミンミンちゃんが拗ねたように言った。
何だか違和感を覚える。僕はただ、ライブチャットサイトでお団子ヘアで愛くるしい瞳のミンミンちゃんがかわいくて「こんな子のオナニー鑑賞してえ」と思い、チンコを膨らませながらポイント払って彼女の部屋に入室したのだ。オナ見せありのサイトであり、僕の行動は何も間違っていない。
だが「オナニーして見せて」とお願いすると、こんな反応をされたのだ。いや、これはおかしい。オナ見せありきのサイトであり、そこでお金をもらっているチャットガールが経営方針を理解していないのは変だ。女の子とおしゃべりしたいだけならば、僕はガールズバーにでも行く。ガールズバーになくてライブチャットにあるのは、オナニー鑑賞だ。オナニー鑑賞こそ、いわゆるゴッドであるべきなのだ。
そもそもオナニーはひとりでやるものだろう?複数で行うオナニーなんてどこの企画もののAVだ?そして、僕はそんなひとり遊戯のオナニーと言うものに対して、覗き感覚でオナニー鑑賞を楽しみにしている。こっちはお金を払って入室している。ならば、是が非でもミンミンちゃんにひとりオナニーさせたかった。
「うーん、わかったよ、やるよ。恥ずかしいから目を瞑っていて」と、ミンミンちゃんは言った。アホか!目を閉じていたらオナニー鑑賞できないではないか。何だか会話が成り立たなくなってきたので、どうせ一方通行のWebカメラ配信で分かりっこないのだから、僕は目を閉じてるから思い切りやりなさい、とミンミンちゃんに命令した。
そして、ミンミンちゃんはオナニーを始めた。僕は当然、目を開けている。「ねえ、見てないよね?」との合間合間に挟まれるミンミンちゃんの言葉に、僕は適当にうんうんと頷いた。
一応、僕を含めたギャラリーは目を閉じてミンミンちゃんのオナニーを満喫している設定なので、誰も言葉は発さずにシーンとしていた。異様な光景ではあったが、逆にそれが本当に覗きをしているような感覚に襲われて、僕はいたずらに興奮した。
「はー、イッちゃった。もう目を開けてもいいよ」とパンツを穿いたミンミンちゃんが言った。ミンミンちゃんは、そんな僕たちを見てニヤリとした。すべては彼女の計算づくだったのだと思いながら、僕は散らばったザーメンを処理した。
テレセ
センズリ鑑賞

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント