出会い系アプリ

おすすめサイトBEST5
「ちょっとトイレ貸してー」と出会い系アプリで知り合ったセフレがトイレに立った。ホテルを取っても良かったのだが、毎度、セフレと会うたびにホテルでは懐が苦しい。だから、今日は僕の自宅に彼女を招いていた。築30年の古いアパートだが、清潔感はあるつもりなので不快な思いをさせることはないだろう。
しばらくすると、トイレからジョー!と豪快な音が響いてきた。放尿音だ。未だに和式便所だからジョー!も致し方ない。ただ、いくら体だけの関係のセフレとはいえ、その辺は水を流すとかして恥じらいは持ってほしいなとちょっと思ったりはした。
もっとも、恥じらいなんて言うが、先ほどまで彼女の大陰唇をくぱあして、ジョー!の大元である尿道口からクリトリスめがけた舐めあげをしたりするような恥ずかしさこの上ない行為をやっている。潮吹きながら「ひー!」とネズミに噛まれた猫のような声を上げて、アナルをひくつかせて天国への階段を駆け上がる彼女の痴態さえ見ている。今さら、セックスの後のジョー!に恥じらいを求めてしまう自分の真理が実はよくわかっていない。
やがて、カラカラカラとトイレットペーパーを手繰る音がしてきた。おしっこで濡れた股間を恥ずかしい格好をしたセフレが拭っているのだ。気づくと、俺は再び勃起していた。ちょっと待て。俺はスカトロ趣味はないぞ。相手は、先ほどまで性の限りを尽くしたセフレが相手だ。今さら、和式トイレ大放尿で興奮するわけがない。しかし抗えない事実として俺は勃起している。結論としては俺はヘンタイだったのだろうか。
そして「あースッキリ」とか言って彼女が戻ってきて「スッキリついでにもう1回する?」と聞いてきた。図らずも俺も準備万端だ。ただ、彼女に触発されたわけではないが俺も尿意を催してきて先にトイレに立った。勃起しながらの放尿は困難を極めたものの、俺もまたジョー!をやった。同じ便器で放尿しあうと言うシチュに俺の勃起は収まるところを知らなかった。
そして、戻った後、自分のイキリ立ちを沈めるかのように彼女の股を開くと、乾いていたはずのあそこが既にしっぽり濡れていた。「放尿音でちょっと興奮しちゃった」と彼女は言った。どうにも俺たちは似た者同士だったらしい。
オナ指示
エロイプ募集
0

この記事へのコメント