エロチャット

おすすめサイトBEST5
 金曜日、飲みの約束もなく彼女もいない僕は、さっさと一人暮らしの部屋に帰宅。
帰宅したところでやることもなく、なんなら久しぶりにチャットでもやってみようかな?という気持ちでした。
目的ですか?
もちろんエロが目的です。
エロチャットで盛り上がって、ひととき楽しめれば良いかな?という気持ちでした。
たとえネット上とは言え、女の子と交流ができることは、非モテの27歳としては楽しいことなのですから。

 久しぶりに覗いてみたチャットルーム。
それなりに待機者も多いし、ツーショットで楽しんでいる奴らも多々いましたから、もしかしたらなんて気持ちに。
さっさと待機メッセージを書き込んで、女の子が来るのをビール片手に待ちました。

 暇だったのか、25歳の人妻がチャットルームに入室してきました。
「はじめまして!よろしくね」
「こちらこそ、お願いします」
軽快な挨拶の後、麗しのチャットがスタートでした。

 いきなりエロチャットは、女の子にとってもハードルが高いと言うのがありますから、まずは一般的な会話を務めてしました。
「ダーリンと、いまでも夜の生活はあるんでしょ」
「それが、結婚してしばらくしたら、あんまり無くなっちゃったんだよね。今日も飲み会らしくて帰ってこないから」
「それじゃ寂しいでしょ」
「まあね」
「ちょっとくらいエッチな話、大丈夫?」
「うん」
すんなり、エロチャットに応じてくれたのでした。

 エロチャットの力って、かなり大きいと感じました。
文字だけのやりとりなのに、相手が興奮を始めてしまったのですから。
もちろん自分自身も、大きな興奮に包まれていました。
「もっとエッチな気分になるために、通話してみない?」
「うん」
人妻と、オナ電することになりました。
まさか、コッチの展開がありだったなんて、想像すらしていませんでした。

 人妻はすでにオナニーを始めてしまっていたのだそうです。
「オマンコ、凄く濡れてるの」
「エッチな奥さんなんだね。指を突っ込んで」
「あんっ、っはぁっ、いいっ」
不満を抱えた人妻の喘ぎ声は、妖艶そのものでした。
声を聞きながら肉棒をスリスリやり続けました。
メチャクチャエッチな時間が、延々と続くようなそんな感覚に襲われてしまいました。
相手のアクメを待ち、思いっきりザーメンを出しまくってしまったのでした。
ちょっとした暇つぶしのつもりが、メチャクチャエロチックなひとときを味わえてしまったのです。
チャットオナニー
エロイプ
0

この記事へのコメント