エロチャット

おすすめサイトBEST5
 金曜日、飲みの約束もなく彼女もいない僕は、さっさと一人暮らしの部屋に帰宅。
帰宅したところでやることもなく、なんなら久しぶりにチャットでもやってみようかな?という気持ちでした。
目的ですか?
もちろんエロが目的です。
エロチャットで盛り上がって、ひととき楽しめれば良いかな?という気持ちでした。
たとえネット上とは言え、女の子と交流ができることは、非モテの27歳としては楽しいことなのですから。

 久しぶりに覗いてみたチャットルーム。
それなりに待機者も多いし、ツーショットで楽しんでいる奴らも多々いましたから、もしかしたらなんて気持ちに。
さっさと待機メッセージを書き込んで、女の子が来るのをビール片手に待ちました。

 暇だったのか、25歳の人妻がチャットルームに入室してきました。
「はじめまして!よろしくね」
「こちらこそ、お願いします」
軽快な挨拶の後、麗しのチャットがスタートでした。

 いきなりエロチャットは、女の子にとってもハードルが高いと言うのがありますから、まずは一般的な会話を務めてしました。
「ダーリンと、いまでも夜の生活はあるんでしょ」
「それが、結婚してしばらくしたら、あんまり無くなっちゃったんだよね。今日も飲み会らしくて帰ってこないから」
「それじゃ寂しいでしょ」
「まあね」
「ちょっとくらいエッチな話、大丈夫?」
「うん」
すんなり、エロチャットに応じてくれたのでした。

 エロチャットの力って、かなり大きいと感じました。
文字だけのやりとりなのに、相手が興奮を始めてしまったのですから。
もちろん自分自身も、大きな興奮に包まれていました。
「もっとエッチな気分になるために、通話してみない?」
「うん」
人妻と、オナ電することになりました。
まさか、コッチの展開がありだったなんて、想像すらしていませんでした。

 人妻はすでにオナニーを始めてしまっていたのだそうです。
「オマンコ、凄く濡れてるの」
「エッチな奥さんなんだね。指を突っ込んで」
「あんっ、っはぁっ、いいっ」
不満を抱えた人妻の喘ぎ声は、妖艶そのものでした。
声を聞きながら肉棒をスリスリやり続けました。
メチャクチャエッチな時間が、延々と続くようなそんな感覚に襲われてしまいました。
相手のアクメを待ち、思いっきりザーメンを出しまくってしまったのでした。
ちょっとした暇つぶしのつもりが、メチャクチャエロチックなひとときを味わえてしまったのです。
チャットオナニー
エロイプ
0

エロイプ

おすすめサイトBEST5
エロイプで感じ良く会話が進んで、相手もイケメン声だったから、つい顔が見たくなって・・・
「ビデオ通話にしませんか?」つてエロイプ終わってからこっちから誘ったんだよね。
向こうはちょっと期待もあったんじゃない?
音声のみのエロイプじゃなくて、相互オナニーみたいなことまで出来ちゃうんじゃないか、みたいなね。
それで、向こうも簡単に「え、いいよ。ビデオ通話にする?」って乗ってくれて。
もちろん、エロイプ一回戦終わった後だったから、私はちゃんと上に羽織ってたよ。
だけど、向こうは、出しっぱなしだったみたいで・・・
ビデオ通話にしてから、相手が「え?」って言うの。
何がえ?なのかと言ったら、「どーしてお前服着てんの?」って。
私も実は「え?」だったんだけどね。
声はイケメンなのに、どーしてそんな微妙な顔なの?って。
もっと涼しげな感じの男性イメージしてたんだけど、なんでそんなもっさいの?
なんか違う、これじゃない・・・。
ごめんだけど、速攻切りました!
エロイプの後、イメージしてた雰囲気じゃなかったから、もうこれ以上幻滅させないで!
素敵な時間を汚さないで!
そんな感じの挫折感だったな~。
私もビデオ通話にしなきゃよかったんだけど、イケメン声だとどうしても期待しちゃうじゃん。
むっちゃ好みかもしれない!って好奇心が出てくるじゃん。
会話も楽しかったし、雰囲気も合いそうだし!
もしかしたら・・・って期待全開だったじゃん。それをこれ以上、引き下げるのは勘弁してください、お願いします、という意味でガチャ切りしちゃったんだよね~。
あの時はほんとゴメン。
ハッピーメールの評判
セフレの作り方
0

セックスフレンドの作り方

おすすめサイトBEST5
この世にめんどくさくないセックスフレンドの作り方ってあるのかな。
俺の場合、セックスフレンドってめんどくさい感じになっちゃうんだよね~。
粘着されやすいのかも。
セックスフレンドの作り方で、たいてい出会い系のアプリとかなんだけど、そんなの一夜限りとか、短期限定の付き合いじゃん。
こっちは、そういうセックスフレンドの作り方として、出会い系やってるだけなのに、粘着されてきて・・・。
こっちから「お前なんか、タダマン!やりたかっただけなの!」って言わなきゃいけないハメになるのがイヤ。
「好きって言ってくれたじゃん」とか言われても、そりゃ言うよ!セックスしたいだけなんだから!
本気で好きな相手に、好きなんて言えるかよ?って(笑)
女の勘違いを誘発しちゃう俺が悪いみたいじゃん、そんなこと言われると!
めんどくさくないセックスフレンドの作り方ってあるなら教えて欲しいよ。
ただやりたいだけです!っていうやつ。
既婚者にしとけば?ってアドバイスしてくる男いるけど、俺的には既婚者はNGだからね。
他の男に抱かれている女がイヤって言うよりは、結婚してるという事実がイヤ。
別に結婚してなきゃ彼氏がいるとか、別のセフレがいるとか、そういうのはOK。
だけど、結婚となると、俺の感覚では神聖なものって思えて、どうしてもその気にならないの。
離婚してる場合は、独身者と見なす、けど・・・別居中とかでも婚姻状態にある場合は、対象外になるな。
それがセックスフレンドの作り方でも、恋人の作り方でも、既婚者は無理。
オフパコの方法
セックスフレンド募集
0

出会い系アプリ

おすすめサイトBEST5
「ちょっとトイレ貸してー」と出会い系アプリで知り合ったセフレがトイレに立った。ホテルを取っても良かったのだが、毎度、セフレと会うたびにホテルでは懐が苦しい。だから、今日は僕の自宅に彼女を招いていた。築30年の古いアパートだが、清潔感はあるつもりなので不快な思いをさせることはないだろう。
しばらくすると、トイレからジョー!と豪快な音が響いてきた。放尿音だ。未だに和式便所だからジョー!も致し方ない。ただ、いくら体だけの関係のセフレとはいえ、その辺は水を流すとかして恥じらいは持ってほしいなとちょっと思ったりはした。
もっとも、恥じらいなんて言うが、先ほどまで彼女の大陰唇をくぱあして、ジョー!の大元である尿道口からクリトリスめがけた舐めあげをしたりするような恥ずかしさこの上ない行為をやっている。潮吹きながら「ひー!」とネズミに噛まれた猫のような声を上げて、アナルをひくつかせて天国への階段を駆け上がる彼女の痴態さえ見ている。今さら、セックスの後のジョー!に恥じらいを求めてしまう自分の真理が実はよくわかっていない。
やがて、カラカラカラとトイレットペーパーを手繰る音がしてきた。おしっこで濡れた股間を恥ずかしい格好をしたセフレが拭っているのだ。気づくと、俺は再び勃起していた。ちょっと待て。俺はスカトロ趣味はないぞ。相手は、先ほどまで性の限りを尽くしたセフレが相手だ。今さら、和式トイレ大放尿で興奮するわけがない。しかし抗えない事実として俺は勃起している。結論としては俺はヘンタイだったのだろうか。
そして「あースッキリ」とか言って彼女が戻ってきて「スッキリついでにもう1回する?」と聞いてきた。図らずも俺も準備万端だ。ただ、彼女に触発されたわけではないが俺も尿意を催してきて先にトイレに立った。勃起しながらの放尿は困難を極めたものの、俺もまたジョー!をやった。同じ便器で放尿しあうと言うシチュに俺の勃起は収まるところを知らなかった。
そして、戻った後、自分のイキリ立ちを沈めるかのように彼女の股を開くと、乾いていたはずのあそこが既にしっぽり濡れていた。「放尿音でちょっと興奮しちゃった」と彼女は言った。どうにも俺たちは似た者同士だったらしい。
オナ指示
エロイプ募集
0

テレフォンセックス

おすすめサイトBEST5
 20歳、大学生です。
経済的なゆとりを持っていない僕は、アルバイトに明け暮れる生活を続けていました。
大学生になれば、彼女もできるかもと思いながらも、2年目に突入しても彼女ができず。
それもそのはず。
友達たちとの交流もあまりままならないほどの、アルバイト漬けなのですから。
周囲のやつらは順調に彼女作ってデートやセックスを楽しんでいるのに、僕には美味しい話が少しも来ないのです。

 欲求不満でしたから、エロ雑誌などは購入していました。
悶々とした気分の時、広告に目が。
それはツーショットダイヤル。
電話越しに、エロい話ができるサービスです。
生活は厳しいけれど、いまこの性欲を何とかしなければという危機感から、ツーショットダイヤルを使ってみることにしました。
そこで、大人な人妻とテレフォンセックスを満喫するように!

 繋がったのは30歳の奥様でした。
「はじめましてよろしく」
「こちらこそです」
無難な挨拶から会話をスタート。
此処から大人の話になると思うと、心臓が早鐘を打ちました。
相手もその気でしたから、テレフォンセックスに突入するのは時間の問題でした。
人妻の下着の色を聞くと、素直に「黒」と答えてくれる。
結婚しているのに、知らない男とエロい話をするなんて、スケベ過ぎるって感じでした。
「オッパイモミモミして」
「うん・・あ・・・はっ・・」
切なげな吐息が吐き出されるようになっていく。
欲求不満でしたから、イチモツが凄く元気に反応をしました。
「黒いパンツを脱いで、足を広げてクリちゃんを触って」
「っあ・・・っはぁ・・はっああ・・」
人妻の口から漏れる喘ぎ声に、股間が危険なくらいの硬直に。
人妻の喘ぎ声は絶え間なく続きました。
夢中になってオナ指示を出して感じさせていることに、凄く満足する気分になっていた僕。
彼女の絶頂を待ち、思いっきりザーメンをぶちまけていきました。

 カカオ交換に成功しました。
こうすればあとは、無料でやりとりやり放題。
相手の方もテレフォンセックスパートナーを探していたようで、その後順調に週何度も通話でオナニーを楽しみあっています。
スカイプちゃんねる
エロ電話
0

センズリ鑑賞

おすすめサイトBEST5
高校の時だけど、一時期男子のセンズリ鑑賞してたことがあるんだよね。
別にオフィシャルで募集してたわけじゃないの。
ただ、彼氏と別れた後に、そういうセンズリ鑑賞してもらっていいですか、みたいなお誘いを受けることが多くなって・・・
多分男子の中で噂でも広がったんじゃないかなぁ。
前の彼氏、私のことヤリマンだの何だの吹聴してたのかもしれない。
どうしてセンズリ鑑賞で、セックスのお誘いではないのかって言えば、理由があったらしい。
男子のほぼすべてが、センズリ鑑賞した後、私にアドバイスを求めるんだよね。
あと、チンコ採点してもらいたいって。
自分のオナニーが一般的にどうなのか、チンコのサイズや色や形が他の人と比べてどうなのかってところが知りたかったみたい。
それで、男のチンコに慣れてる(であろう)私に採点して欲しい、と。
私も最初はふざけて「70点かな。もうちょっとタイミング良かったら80点はあげられる」とか「65点!時間かかりすぎて、セックスの時に女の子が大変だよ」とか。アドバイスしてあげてた・・・。
中には、2度、3度と、センズリ鑑賞してほしいって言いに来る男子もいたよね。
「こんな感じのオナってどう?」って見せに来るんだよ。
まるで、私がセックス指南してるみたいな?そんな感覚。
確かに、その世代の女子にしては、経験豊富だったからね、私。
援交じゃないけど・・・それに近いこともしてた時期あるし。
彼氏の前にも、何人かとしてたし。
彼氏と付き合ってる間も、浮気というほどじゃないけど・・・してたし。
チャットオナニー
センズリ鑑賞
0

女性のオナニー

おすすめサイトBEST5
夢で見たのか現実だったのか分からない。
サークルの飲み会で、二次会に行ったんだよね、そこから記憶があいまいで・・・
近くのサークルのやつの部屋に数人でまた飲んで・・・誰がいて、誰がいなかったのかすら俺は覚えてない。
ふと目が覚めた・・・と思ったけど、今となっては夢だったのかもしれないと思ったり。
隣で寝てた人がオナニーしてるんだよね。
誰だったのか覚えてないけど、「あ、女性のオナニー・・・見なきゃ、チャンス!」って頭では思ってるけど、眠くて体も金縛りにあったみたいに動かないの。
「女性のオナニーなんて見るチャンスないのに!くそ!もっと見せろ!いや、目が開かない・・・っていうか、これ夢?」
そんな感じだった。
朝、十時過ぎにトイレに起きたら、皆まだ寝ててさ。
昨日の女性のオナニー、誰?と思って探したけど、部屋で寝てたのは男ばっかりなんだよ。
飲みすぎて、夢でも見た?と思ったけど、残ったやつらに話聞いたら、夜の三時ごろまでは女の子も何人かいたらしい。
二三人はいたんじゃないかって。
だけど、その中の一人の子がシャワー浴びたいとかなんとかで、そのうちの一人の子の一人暮らし先が歩いて近くにあるっていうから、女の子だけ移動したんだって。
もしかしたら、三時前、誰かがオナニーしてたのかも。
本当に俺、女性のオナニー目撃してたのかも。っていうか、寝ている俺の隣で女性のオナニー・・・もったいない!!!
覚醒してる時にやってくれよ、そういうの!
夢かもしれないけど、現実かもしれなくて、もやもやっとするんだよね。
マンコの無修正動画
テレフォンセックス
0

オナ指示

おすすめサイトBEST5
ガバーッと足を開いて、もう私を隠せるものは何もないわ!と言った感じで、広いベッドにしゃがんだ彼女のマンコの上から下までまる見えだ。既に濡れているマンコが部屋のライトを受けて神神しく輝いている。ぱらら~ん、と脳内にBGMが流れて、ついにドラマが始まる。
「さあ、このマンコ、どうしてくれよう?」と、椅子に腰かけた僕はバーボンロックを傾けながらニヤリとする。このマンコを生かすも殺すも僕の口次第だ。その濡れ具合からもう欲しがっていることがわかる。しかし、お腹を空かせたノラネコにエサをやるような慈悲は僕にはない。エサが欲しくば自分で狩って来い。慰めてほしくば自分でやるのだ。自分のことは自分でやれ。
切なそうな彼女の瞳は一心に僕を見つめている。明らかに僕の言葉を待っている。コイツは指示されなければオナニーの一つもできないろくでなし子だ。仕方がない。彼女の望み通りにしてやろう。俺は舌で氷を舐めまわしながら、オナ指示をした。マンコや乳首には触るな。一本一本の指を丁寧に使って、全身を撫でて行け。自分の指だと思うな。お前の指は俺の指だ。強く触るな。全身が総毛だって来るくらいのフェザータッチをしろ。
体が震えてきたな。次は穴だ。まずは鼻、次に耳、次に口。穴と言う穴にゆっくりと指を入れて上下しろ。ただし、マンコとアナルには手を出すな。そう簡単にイカせはしない。だって、お前はともかく俺が楽しめないじゃないか。
ほら、もう乳首が立ってきたな。どんだけスケベやねん。その乳首をつまむとさぞ気持ちイイだろうな。しかし、そんなことはさせないぜ。オナ指示って何だと思う?普段お前が毎日家でやっているようなオナニーを望んでいるわけじゃないだろう?お前の知らないオナニーを俺のオナ指示で体験させてやるんだから、有難く思えよ。フッフッフ。いいぞ、いいぞ、俺も興奮して来たよ、俺にしかイカせてもらえない憐れなお前の姿にな!
「ちょっと早いよ!私なんて、まだマンコにさえ触れてないのに!」
ご立腹の彼女の前には、耐え切れずに床にザーメンをまき散らしてしまって土下座する俺がいた。
エロチャット
オナニー動画
0