オンラインパパ活

おすすめサイトBEST5
僕の勤めている会社には中国に子会社があって、技術指導と言う名目で赴任していたんですよ。
その中にワンダンはいました。彼女は現地採用されていた女性であり、管理職候補として僕の下で働いていたのです。
ある程度日本語ができたワンダンと、ある程度中国語が話せるようになった僕は、年齢こそ10以上離れていましたが、次第に深い仲になっていきました。
「結婚するなら日本人がいい」と、ワンダンは常に言っていました。日本に憧れを抱いていて、だからこそ日系企業であるうちに就職したとのことでした。
僕も日本では女性と縁がない生活を送っていましたから、ワンダンを始めとする中国人女性から熱い視線を送られる中国での生活は心地よいものでした。正直、帰任の際にはワンダンを同伴させてもいいなと思っていたくらいです。
結局、僕はワンダンを娶ることもできず日本へと戻りましたが、彼女との付き合いはオンラインでずっと続けていました。
当時の僕は日本円のレートで中国元をもらっていたので結構いい暮らしができていましたが、彼女たちの給料が低いことは知っていました。仲間内でルームシェアをして生活を成り立たせていたのです。
実は当時から、僕はワンダンに援助していました。その見返りに美味しい思いもしまして、その関係はオンラインになってからも続いていました。日本でいうところのオンラインパパ活ですね。ワンダンを娶ってもいいかなと思って、僕は彼女にオンラインパパ活で投資を続けていたのです。
「いつでも日本においで」と言う僕の誘いに、ビデオ通話越しに「ありがとう。いつか必ずね」と、僕からお金を受け取っていたワンダンはカメラの前でパンツを脱いでくれていました。
ところが、いきなりその子会社が独立したのです。それどころか同業他社と手を組んで日本企業廃絶方針を打ち出して、僕たちに立ちはだかってきたのです。
ワンダンは今、その会社の経営陣に加わっています。結局、彼女は僕からお金と技術を吸い取って中国で成り上がったのです。既にワンダンとの関係は切れていますが、オンラインパパ活でとんでもない娘を育ててしまったなあ、と、中国企業進出による経営悪化を受けたリストラの瀬戸際であがく日々です。
ブスのパパ活
お金助けて掲示板

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント