お金ください掲示板

おすすめサイトBEST5
 コロナが日本中に広がって、真っ先に使ったのが、お金ください掲示板でした。
自粛で給料が減ってしまったからです。
お水の仕事をしているのですが、時給制のため営業自粛でお金が入ってこなくなりました。
貯蓄は、僅かしかありませんでした。
緊急事態宣言が解除されるか分らない。
暗澹たる気分でした。

 即刻、現金収入が欲しかったからです。
お金ください掲示板で、支援のお願いをすることにしました。
お金ください掲示板は、料金も必要ありません。
なにもしないでも投稿出来るメリットもあります。
フリーメールだけを新しく作って、活動を開始していくことになりました。
もちろん、期待は激しく大きく持っていました。
お金ください掲示板なら、無償支援が得られる可能性があると思ったからです。

 1週間以上経過しても、まともな支援者が現れず。
裸の写メとか要求され、送信しても入金してくれない。
ガッカリした気分を味わい続けた感じでした。

 金銭的なサポートしてくれる男性との出会い方。
これを教えてくれたのが、大学時代の友人です。
無料の掲示板で、無償支援は確実に無理とも言われたのです。
金銭的なサポートしてくれる男性と出会う場所、それが人気の高い出会い系アプリ。
これだけだと言われてしまいました。
パパ活は現在でも、やれば何とかなる。
ただしコロナがあるため、オフラインで関係を作ることが難しいと言われました。
しかし今では、オンラインで楽しむ方法がある。
無料通話アプリで、お小遣いをくれる男性を探せと言われました。

 お金ください掲示板に比べて、出会い系アプリは全然安心感が違うものでした。
男性にメールを送りまくる。
お水の仕事をしているアピールがよかったのかもしれません。
50代の税理士さんとのやりとりが決定しました。

 税理士さんも、自粛でお酒を楽しめなくて寂しい思いをしていたようです。
私自身もお仕事がなくて困っている話をしたのですが、同情してくれたようでした。
酔いが回ると、豪快な気分になったのか、電子マネーでお小遣いを上げようなんて言い出しちゃって。
個人間送金で、3万円もその場で支払いをしてくれました。
ビデオ通話が終わる頃、また次回も、お願いするなんて言ってもらってしまいました!

 定期の収入が発生しました。
気を良くした私は、次の出会いをまた探し始めてしまいました。
助けてくれる人
パトロンの見つけ方

無償支援掲示板

おすすめサイトBEST5
無償支援掲示板って、ネットの世界だと思ってたんだけど・・・この間、家のポストみたら、チラシが入ってて、なんだろって思って見たら「お金支援してください」だって。
無償支援掲示板では不安とかネット慣れしてないとかそういうことなんじゃない?
っていうか、そのチラシ自体も手書きでちょっと怖かった・・・。
住所調べてから来るのか、○○様って私の名前が書いてあった。下調べしてからこういうの配ってるんだな~って・・・怖くなったよね。
もちろん、すぐ捨てたけど。
ネットでの無償支援掲示板なら、興味ある人しか覗かないけど、自宅のポストに入れられたんじゃほぼ強制的に目にすることになるじゃない?
ちょっと非常識だよね。
直接来たってことは、近所の人かもしれないし。
チラシの主は書いてなくて、連絡くださいって携帯番号が書かれてただけ。
誰だろ・・・まぁ、近所だとしてもお隣さんとかじゃないと思うけどね~。
うちの周辺。割と大きい家多いもん。田園調布とか白金とかそこまでじゃないけど、都内でも便利な立地だし・・・。
比較的余裕のある人が多いかもね。
だから余計に、こんな風に無償支援掲示板みたいなチラシがポストに入ってくること自体、もう異常だよ。
金持ってるんだからよこせ!みたいな?押しかけチラシ。
お金に困ってないことが、悪いことみたいに思えてきちゃうじゃない?
みんなが困ってるんだからお前も困れ!みたいな?
お金に余裕がある人が、余裕のない人を助けることは当たり前って思ってる人もいまだにいるのかもね。
あのさ、富の再分配はね、国のお仕事なの。個人の仕事じゃないの。何のために税金払ってると思ってるの?
ゲイサポ掲示板
MTF掲示板