売り専掲示板

おすすめサイトBEST5
売り専掲示板で友達とふざけて、書き込みしたことあるんだよ。
ゲイの人が引っかかるかな~なんて思って。
「お金はいいんで、誰かいませんか」なんて、釣りの書き込みしたの。
こっちはまだ十代、ゲイのオッサン、からかってやれってつもりだったんだよね。
売り専掲示板って多分、当時の俺らみたいなアホな高校生とかふざけて書き込みしてるの多いと思うよ、いまだに・・・。
だけど、俺らは、その売り専掲示板でさ、書き込みしたけど、後味悪かったんだよ。
というのも、一人の人が「会いませんか?孤独で死にそうです」みたいな結構深刻な返信してきたんだよね。
「書き込み見て連絡してます。文字だけですが、何か自分と似たような雰囲気を感じました」とそこから始まって、自分の生い立ちとか、ゲイだと自覚した時のこととか・・・
書いてあるわけ。
友達は「なんかキモいから無視しよう」って言ってたんだけど、別の奴が「面白いから、こういうゲイをターゲットにしよう」って言いだして。
「自分も似たようなこと感じてます。自分も子どもの頃にゲイなのかなと自覚しました。今まで必死に隠してきて、だんだんそのウソに耐えられなくなって・・・かといって、ゲイだと告白できるような友達もいません」ってノリノリで返信しちゃったんだよね。
売り専掲示板で心の悩み相談とか、まずないけど、相手の人が相当限界を感じてたってことなんだと思うんだ。
当時の俺らは、ただの遊び感覚。からかい半分。その売り専掲示板で返信してきた人の心の闇がどのくらい深いのかなんて・・・
知る由もなかったんだよね。
食われノンケ
ノンケ喰い

ゲイサポ掲示板

おすすめサイトBEST5
親と喧嘩をしました。その理由は20代半ばになっても就職しないでバイト生活を送っていたのが原因でした。そして、その日は父親にマジギレされ家を追い出されました。お金がないからどうしようとネットで検索した時にゲイサポ掲示板なら簡単にお金が手に入るという情報を掴んだ。男とHみたいなことはしたくないけれど、このままじゃ飢死するか、親日また殴られる覚悟で謝るか。どちらかしか選択が無かったのでとりあえずをゲイサポ掲示板で助けてくれる人がいないかなと探しました。お金がないから移動手段も限られるため近場で、家を泊めてくれる人、もしくはお金をくれる人を探し、40代の男性が俺がいるところから近くに住んでいて、部屋が空いているから泊まっていいよと連絡があり指定された場所に行きました。
約束の場所には既に男性がいました。ぱっと見は普通の男性でした。男性はすぐに家に入れてくれました。そして、酒とつまみを出してくれました。その優しさに甘え酒を飲んでいると男性は俺に「君は男に興味があるんだよね。今まで経験したことある。」いきなりの質問に正直何もしないで寝て明日家に帰るのがベストだったけれどそれは無理かと悟り「気になるけど、まずは俺と同じような人に会って見たいなという気持ちが強かった。」と、Hな関係は未だやりたくないと軽くアピール。しかし男性は俺の手を掴み、自分のアレをズボンの上から触ってきました。鳥肌が立ちました。勃っていたから。
ゲイ掲示板
ノンケ喰い

男のサポート掲示板

おすすめサイトBEST5
男のサポート掲示板がきっかけで付き合うようになった相手が今のパートナー。
既に一緒に住んで、家計も同一。
将来のことはまだ具体的に考えてないけど、彼が定年になったらどこか田舎、もしくは海外に移住して、ゆっくり過ごそう、なんて話はたまにしてる。
自分は、ノマドワーカーなんで、田舎だろうが海外だろうが、ネット回線があるところなら、どこでも仕事できるから、その辺は全然平気。
若い時、バックパッカーでアジア~中東あたりをうろうろしてたことあるんで、適度に順応性もある。
どこか知らないところに移住って自分的には魅力ある提案なんだよね。
男のサポート掲示板で、将来を左右するような人間と出会えるとは思ってなかったから、自分でも意外だよね。
俺、自分が一生一人で、誰とも心を通わさず、表面だけの付き合いで終わって行く、そう思ってたから。
彼は違うの。色んな人と深く関わりあいたいって思ってる人だった。
男のサポート掲示板で人生観変わっちゃうってこと、本当にあるんだよ。
自分の思い描いていた人生ではないけど、結構今、そこそこ満足してるかな。
実際、あと10年後、20年後、どうなってるかなんて分からないよ。
ただ、今、その将来を思い描いてる二人の人間が一緒にいる、それだけ。
男のサポート掲示板で相手をとっかえひっかえしてた時期もある。
その時からみたら、今の自分は精神的にも生活も、よっぽど落ち着いてるし、人間らしいと思うよ。
実際、今のパートナーを通して、他の人とも関わり合いが持てるようになったし。
ゲイのサポート
サポ掲示板

ノンケ喰い

おすすめサイトBEST5
カミングアウトすると僕はショタコンだ。少年に性愛を感じる人間である。
おまわりさーん、ここにヘンタイがいますよー!ピーポーピーポー!・・・てなことにはならない。上手くやってるから・・・ではなくて、どんな性的嗜好があっても表に出さなければ犯罪者ではないし、僕自身も想像の世界で満足するようにしている。
女性には一切興味がない。よく「次のNHKの朝ドラのヒロインは〇〇さんに決定しました!」といつも大々的に報道されるけど、僕はそんなものはどうでもよい。おっぱいあって顔立ちが整っていれば誰でも一緒であり、もっと重要なことは「ヒロインの幼少時代の相手役の男の子」を子役の誰が演じるかだ。朝ドラの場合、しばらくするとヒロインが結婚して子供ができるから、その子供を誰が演じるかも重要な要素だ。息子だったらアタリ、娘だったらハズレ。
どうしてこんな性癖になってしまったのかと考えると、思い当たる節があって、小学生の頃、僕はクラスメイトのある男の子のことが好きだったのだ。当時はまだ精通もしていなくてその気持ちの正体はわからなかったのだが、今から思えば僕の初恋は彼なのだ。
ところが、彼は5年生の時に家庭の事情で引っ越していった。絶賛片思い中だった僕の思い出は彼が好きだった頃の記憶でとどまっている。その気持ちが20年たった今でも残っているんだから、僕も純粋なものだ。
ぶっちゃけた話、オナニーのおかずも未だに彼の面影なのだ。そんな彼の面影を追っているとどうしても少年に目が向いてしまうのはわかっていただけるのではないか?
だから、ゲイ向けのコミュニティーでも年下男子ばかり漁っているノンケ喰いだ。僕みたいに30超えたらもうおっさんだが、20代前半だとまだギリギリ少年の面影が残っている男子もいるものだ。ノンケ相手だとビジネスが絡むことは多いが、それも記憶の中の彼と再会するためだと割り切ってノンケ喰いをさせてもらっている。
ちなみに、一度彼への思いが頂点に達して、よせばいいのに彼の名前でエゴサしたことがある。すると、SNSをやっているようでほぼ20年ぶりに現在の彼を見ることができた。もちろん、そこには彼と似ても似つかぬただのおっさんがいましたってオチなんだけどね。30超えたらただのおっさんなのである。少年、かもーん!
オナ電掲示板
電話エッチ